髪に合わせた風|しっかり湯シャンをすることで汗の臭いを解消できる
女性

しっかり湯シャンをすることで汗の臭いを解消できる

髪に合わせた風

ドライヤーを使うウーマン

用途で異なる風

扇風機は風をどんどん送ってくれる機械です。ただ、目的は風を送ることなので、風の強さを切り替えるぐらいしかできません。同じ風を送ってくれるアイテムとしてドライヤーがあります。人気のタイプを見ると、いろいろなスイッチがついています。最もシンプルなものだと、オンとオフだけです。これは温風のみが出るタイプです。スイッチの種類が多い人気のドライヤーになると4つの風が出てきます。ホットは一般的な温風で、最初に使います。セットは、ホットに比べると弱い温風になります。朝などにセットをしたいときに使います。寝ぐせを直すときなどにちょうどいい設定です。ターボはホットに比べると強い風が出るので、髪の毛が多い人などが利用するといいでしょう。クールはただの送風です。ホットなどである程度乾かした後、仕上げをするときに使います。

近づけすぎない

卵はたんぱく質です。ですから加熱すると固まります。人の体もたんぱく質でできている部分は熱の影響を受けます。皮膚などもやけどをすることがあります。髪の毛もたんぱく質からできているので、熱の影響を受けやすいです。人気のドライヤーの中には、強い力を出せるものがあります。髪の量が多かったり、びしょびしょ状態から乾かそうとすると、髪に近づけすぎることもあるでしょう。しかし、人気のドライヤーを使うのであれば、あまり近づけすぎるのは良くありません。熱を与えすぎることによってダメージを受けるからです。一定の間隔を空けるようにします。熱めの風を使うときは特に放します。クールであれば、熱はありませんから、近づけても問題ありません。